Tuesday, October 10, 2023

「肇慶市ビジネス環境最適化条例」が11月1日に施行されます!

 「肇慶市ビジネス環境最適化条例」が11月1日に施行されます!


「肇慶市ビジネス環境最適化条例」が11月1日に施行されます! 肇慶への投資 広東省で公開 2023-10-08 20:45 写真

第14回肇慶市人民代表大会

常任委員会の発表

(No.13)

2023 年 8 月 29 日に肇慶市第 14 期人民代表大会常務委員会第 13 回会議で可決された「肇慶市ビジネス環境の最適化に関する条例」は、肇慶市第 14 期人民代表大会常務委員会の第 5 回会議で可決されました。広東省。会議は 2023 年 9 月 27 日に承認され、現在発表され、2023 年 11 月 1 日に発効する予定です。

肇慶市人民代表大会常務委員会

2023 年 10 月 8 日

肇慶市ビジネス環境最適化条例

(2023年8月29日、肇慶市第14期人民代表大会常務委員会第13回会議で採択。2023年9月27日、広東省第14期人民代表大会常務委員会第5回会議で承認。第8日、2023年11月1日から発効)

第 1 条 ビジネス環境の最適化を継続し、市場主体の活力を刺激し、市場主体の正当な権利と利益を保護し、質の高い経済発展を促進し、政府の統治システムと統治能力の近代化を促進し、珠江デルタと広東省の中核地域の西部成長極に入る肇慶市香港・マカオ大湾区の近代的な新都市は、国務院の「ビジネス環境の最適化に関する条例」に従ってこれらの規制を策定したその他の法令や都市の実情と合わせて検討していきます。

第 2 条 ビジネス環境の最適化は、市場化、法の支配、国際化の原則に従い、市場主体のニーズに導かれ、政府機能の変革に焦点を当て、サービス指向の政府の構築を強化し、システムを革新し、法の支配は、さまざまな市場主体が投資および運営するための、安定、公正、透明かつ予測可能な開発環境を保証し、創出します。

第三条 市場主体は、経済活動において平等な権利、平等な機会及び平等なルールを有する。

市場主体の財産権、運営自主権、その他の正当な権利利益は法律によって保護され、事業者の人格権および財産権は法律に従って保護されます。

市場主体は、法律や政策を知り、公共サービスを受け、ビジネス環境関連分野の業務を監督、苦情、報告し、タイムリーな処理を受ける権利を有します。

市場主体は法律と規制を遵守し、法的義務を履行し、社会倫理と企業倫理を遵守し、誠実で信頼され、公正に競争し、健全で秩序あるビジネス環境を共同で構築する必要があります。

第四条 市、県(市、区)人民政府はビジネス環境最適化の組織と指導力を強化し、主任責任者はビジネス環境最適化の第一責任者とする。 ビジネス環境の改革を調整・推進し、ビジネス環境を最適化するための政策・施策を策定・改善し、ビジネス環境に影響を与える重要かつ困難な課題を解決します。

市および県(市、区)人民政府は、実際の状況に基づいてビジネス環境を最適化するための主管部門を明確に定め、組織と指導、全体的な計画と調整、監督と検査などの日常業務を具体的に責任を負うものとする。評価と評価。 その他の関連部門は、責任分担に応じて事業環境の最適化に適切に取り組みます。

第 5 条 市および県(市、区)人民政府は、デジタル政府の構築を強化し、さまざまな産業および分野における政府アプリケーションシステムの集中的な構築、相互接続、調整を調整および促進し、収集、分類、共有、適用を促進するものとする。政府データのセキュリティと標準化を確保し、政府のパフォーマンスと政府運営のデジタル変革を促進し、行政効率を向上させます。

第6条 本市は、広東・香港・マカオ大湾区の都市との交流・協力を強化し、ビジネス環境を最適化し、システム構築、作業メカニズム、改革措置のドッキングを促進し、市場ルールと政府の連携を促進するものとする。サービス連携、行政サービス基準の統一、資格の相互承認、地域連携を実現します。

第 7 条 市、県(市、区)の人民政府とその関連部門は、効果的な経験と実践を速やかに要約、コピー、促進し、地域の現実に照らして法の支配の枠内で独自の差別化された最適化を積極的に模索しなければならない。ビジネス環境改革措置; 探査中にエラーまたは逸脱が発生し、以下の条件が満たされた場合、法律に従って責任が免除または軽減される場合があります。

(1) 国、省、市が決定した改革の方向性と政策の方向性と一致していること。

(2) 意思決定および執行手続きは法令を遵守します。

(3) 勤勉かつ良心的であり、違法な利益を求めないこと。

(4) 悪意を持って共謀して公共の利益および他人の正当な権利および利益を侵害しないこと。

(5) 重大な損失や社会的影響は生じていない。

法令に別段の定めがある場合には、その定めが優先するものとします。

第 8 条 市および県(市、区)人民政府は、都市機能の位置付け、開発計画、生態環境の安全性およびその他の関連規定に基づき、所定の権限と手順に従って産業指導政策を策定し、公衆に公表することができる。

市および県(市、区)人民政府は、産業チェーンの需要と供給のプラットフォームの構築を改善し、産業チェーンの上流と下流の企業間の連携と支援施設を促進し、産業協力と交流を促進し、企業の利便性を提供する必要がある。生産と運営。

市場主体は、カーボンピーキングおよびカーボンニュートラル措置を実施することが奨励されています。 市および県(市、区)の人民政府は、カーボンニュートラルなどのグリーン技術および低炭素技術の革新と応用を促進し、再生可能エネルギーの利用を発展させる市場主体を奨励および支援するために、関連する政策および措置を導入する必要がある。

市および県(市、区)人民政府の天然資源、農業農村、生態環境、金融、投資促進、電力管理部門は、土地計画、土地供給、生態環境安全保障、財政支援を確立し、改善する必要がある。 、投資促進、電力需要などの情報相互接続および相互運用性メカニズムを活用し、プロジェクトの実施に必要な承認事項を処理する際に企業を指導および提供し、企業の生産開始を促進します。

第9条 本市は、新規設立企業の全過程について「ワンストップ処理とワンストップアクセス」を実施する。 申請者は市や郡の行政サービスホールの総合サービス窓口やオンラインサービスプラットフォームを通じて、営業許可証、公印彫刻、請求書申請、社会保障登録、住宅積立金預金登録、銀行口座開設などを申請できる(企業の場合は、営業許可証、印鑑、請求書、税管理用品などを一度に受け取ることができます。

市および県(市、区)人民政府の関連部門は、市場主体の名称、住居、法定代理人、登録資本金などの変更登録(記録)と他の企業の変更の登録(記録)の共同処理を検討し、推進すべきである。サービスの利便性向上のための事項。

市、県(市、区)人民政府の市場監督部門は、市場主体が自主的に宣言した業務範囲に基づいて処理する必要がある許認可事項を市場主体に明確に通知するとともに、関連主管部門に通知しなければならない。ライセンスを申請する必要がある市場実体に関する情報の当局。 関連所管当局は、市場主体の申請に応じて企業関連の事業許可事項を速やかに処理し、その結果を市場規制当局に速やかにフィードバックするものとする。

市、県(市、区)人民政府は関係部門を組織し、市場主体が生産・運営する際に頻繁に取り扱う許認可事項や資格証明書などの行政サービス事項を整理し、関連事項の地域横断的な処理を推進する必要がある。

第10条 本市は、市場主体の住所(営業所)の登録及び申告、一つの住所に対する複数の免許の登録及び一つの免許に対する複数の住所の登録についての確約制度を実施し、市場主体の住所の登録条件を簡素化する。

第 11 条 市場主体は広東省企業登録抹消オンラインサービスプラットフォームを通じて登録抹消を申請することができ、関連事項は市場監督管理、税務、人事、社会保障部門が機密扱いかつ並行して処理する。

市場主体(上場株式会社を除く。)は、債権債務を負っていないか、または債権債務を完済しており、債務、返済費、従業員の給与、社会保険料、法定報酬、未払税金を負っていないか、完済していること。 (遅延損害金、罰金)、すべての投資家は、上記の事実の真実性について法的責任を負うことを書面で誓約した場合、簡易な手続きに従って登録を取り消すことができます。

市場主体の解除に法律に基づく承認が必要な場合、または市場主体が営業許可の取り消し、閉鎖もしくは中止の命令を受けた場合、または異常な運営を行った名簿に登録されている場合には、簡易解除手続きは適用されません。

第 12 条 本市は、広東ビジネスコネクトを利用して「泉照版」企業関連モバイルオンライン政府サービスエリアを確立し、産業プロジェクトの承認代理サービス、企業関連の法律、規制および政策の照会、工業用地照会、金融サービス、仲介サービスを実施する。 、信用照会、電子ライセンス、苦情と提案、その他のワンストップ サービス。

第 13 条 市および県(市、区)人民政府は、市場主体の年次報告に社会保障、市場監督、税務、税関などの事項を含めた多重報告制度を推進するものとする。

第 14 条 市、県(市、区)人民政府およびその関連部門は、電子証明書、電子印鑑、電子署名の行政サービスへの適用を推進し、証明書、証明書、電子資料などの電子資料の具体的な業務適用シナリオを規定しなければならない。署名を作成し、証明書、ライセンス、署名の電子的な相互認識と共有を促進します。

市場主体が政府サービスに関する事項を処理する場合、中華人民共和国電子署名法に定められた条件を満たし、手書きの署名または押印と同じ法的効果を持つ電子署名を使用し、電子印鑑と物理的な印鑑も同じ法的効果を持ちます。 ; 電子証明書と紙の証明書には同じ法的効果があり、証明書とライセンスには同じ法的効果があり、サービスや資料のアーカイブの法的根拠として使用できます。 ただし、法令に別段の定めがある場合を除きます。

第 15 条 市、県(市、区)人民政府およびその関係部門は、欠員を受理した行政サービス項目の名称、主申請資料、二次申請資料、欠員の期間を明確にして、そのリストを作成し、公表しなければならない。そして修正など。 受理される公務事務事項のリストは動的に管理されるものとする。

空室受入れの申込みをする方は、「空室受入れ申込承諾書」を提出してください。 書面による確約を受け取った後、行政機関は、主な申請資料が完全で法定形式に準拠している場合に申請を受理し、補足が必要な資料、補足提出の期限、および補足が必要な資料を申請者に一度に通知するものとします。法的結果。 申請者は、約束期限内に、インターネット、郵便、その他誓約書に定められた方法により不足資料を補充・修正することができます。

申請者が約束の期限内に不足している資料をすべて完成させ、審査の結果法定要件を満たした場合、行政機関は約束の処理期限内に処理結果を発行しなければなりません。

申請者が約束の期限内にすべての資料を補充できない場合、または補充した資料が要件を満たしていない場合は、公務事務は終了し、申請資料は窓口を通じて申請者に返却されます。

第 16 条 省・市人民政府およびその関連部門の届出・確約事項リストに含まれる認証事項および企業関連営業許可事項について、申請者は関連資料を提供するか、または届出・確約制度を採用するかを選択することができる。 申請者に重大な悪い信用記録がある場合、または虚偽の約束をした場合、信用が修復されるまでは通知および約束システムは適用されません。

申請者が通知と約束を申請することを選択した場合、関連部門は申請書を受け取った後、次の内容を書面で申請者に通知する必要があります。

(1) 行政承認事項又は認証資料の名称、主な法律、法規及びこれに基づく規則及び関連条項の名称。

(2) 行政の承認または有効な認証を与えるために満たさなければならない条件、基準、および技術的要件。

(3) 申請者が提出すべき資料の名称、提出方法及び提出期限

(4) 行政機関の検証権限

(5) 申請者の約束の期限と法的効果、および期限内に約束を怠った場合、虚偽の約束をした場合、および約束に違反した場合の法的影響。

(6) 誓約書が公開されるかどうか、公開の範囲と期限。

(7) その他当部が通知すべきと判断した内容。

関係部門は、法律に従って申請者のコミットメントに基づいて許可または認定を決定するものとします。 関係部門は監督を強化し、約束者が約束を履行していないことが判明した場合には、期限内に是正を命じ、是正後も条件を満たさない場合には決定を取り消す。決定が下された場合、その決定は直接取り消され、対応する法的責任が法律に従って調査されます。 通知義務を履行しなかったり、虚偽の約束をしたりした場合は、差別化された監督の重要な基盤として、法律に従って公的信用記録に記録されるべきです。

第 17 条 本市は、すべての地域および部門が実情に基づいて法の支配の枠内で建設プロジェクト承認制度の改革を積極的に検討し、「委任、規制、サービス」の改革要件を実行し、利便性の向上を実現することを奨励および支援する。効率的な承認を実現します。

関連行政部門は土木建設プロジェクトに対する事前サービス、工程中の監督、事後法執行を強化する必要がある。

第 18 条 本市は、土木建設プロジェクトの階層的かつ分類的な管理を総合的に実施する。 市、県(市、区)人民政府の関連部門は、プロジェクトの性質、投資規模、リスクレベルなどに基づき、承認フローチャートと承認項目リストを公表し、承認期限を明確にし、承認期限を明確にしなければならない。申請資料リストを作成し、土木工事プロジェクト、複数の図面などの共同承認を実施します。一審と共同承認。

市の土木建設事業認可は「フロントで一括承認、バックデスクで並行承認、総合窓口で交付」というサービスモデルを採用している。

市および県(市、区)人民政府の行政サービスセンターは、土木建設プロジェクトの承認のための統一的な総合サービス窓口を設立する。 総合サービス窓口は、申請者に建設プロジェクトの承認を与えるための全プロセスの相談、指導、調整サービスメカニズムを確立する必要がある。

プロジェクトの土地計画許可、土木建設許可、建設許可、完成検収の4つの承認段階の主導部門は、オンラインで完了する土木建設プロジェクト承認管理システムに依存して、この承認段階で関連部門を組織および調整する責任を負います。制限時間に従って承認され、情報と資料の入力が一度で完了します。アップロードされると、関連するレビューコメントと承認結果がすぐにプッシュされます。

土木工事の完成に際し、期限付き共同検収を実施する場合には、検収図面及び検収基準を統一し、検収意見を一律に発行するものとする。

土木建設プロジェクトの測量・地図作成業務では、関連する測量・地図作成事項を段階的に統合し、一度の依頼で成果を同じ段階で共有する「複数測定の一本化」を実施している。

市人民政府は、公共企業情報プラットフォームと土木建設プロジェクト承認管理システムの相互接続を促進し、水道、電気、ガス、ネットワークなどの企業の生産と運営に関連する承認事項を土木建設プロジェクトに統合する必要がある。並行承認のための承認管理システム。

第 19 条 市、県(市、区)人民政府の天然資源部門および関連部門は、土地利用計画、プロジェクト投資促進、土地供給、供給後の管理および撤退の協調監督を最適化し、全サイクルを実施しなければならない。工業用地管理の仕組み

市および県(市、区)の人民政府は、政府による土地の取得と保管能力を強化し、遊休地と非効率な土地の整地と処分メカニズムを確立および改善し、土地要素の保護を強化する必要がある。 法的交渉による回復、協定の置き換え、費用の見返りや罰則などを通じて、非効率な都市土地の立ち退きや更地を奨励する。

工業用地を供給するために、長期リース、リースファースト、柔軟な期間供給の利用を奨励する。 工業用地の譲渡期間を最適化し、柔軟な譲渡期間制度を改善する。

市、県(市、区)人民政府は秩序ある方法で工業用地の「標準地」供給を実施すべきである。 新しい産業プロジェクトの土地については、まず地域評価を完了し、プロジェクトの建設開始に必要な給水、電力供給、アクセス道路、整地などの基本条件を産業プロジェクトの固定資産投資強度に基づいて決定する必要があります。 、ムーあたりの平均税額、容積率、エネルギー消費原単位基準、排出原単位基準などの指標を用いて国有建設用地を譲渡し、工業用地割り当ての効率化を図る。

土地空間計画を遵守し、安全性、環境保護、その他の要件を満たすことを前提として、混合工業用地の供給を支援し、産業、倉庫、研究開発、オフィス、商業サービスおよびその他の用途の互恵的な機能混合配置を奨励する。同一の土地を共有し、土地の混合利用を促進する 建物との複合利用。

第二十条 市、県(市、区)人民政府は、人材の導入、訓練と評価、インセンティブ保証などの仕組みを改善しなければならない。ハイレベル人材、高度スキル人材、急遽必要とされる人材に便利なサービスを提供します。

市、県(市、区)の人民政府とその関連教育、科学技術、人的資源、社会保障部門は教育と産業の深い融合を推進し、普通大学と専門学校(専門学校)の設立を支援すべきである。地元産業のニーズに応じた学校法人、人材育成と活用の協力メカニズム。 関連部門は、産業と教育を統合するための包括的な情報サービスプラットフォームを利用して、地域および業界の人材の需給、学校と企業の協力、教育に関する情報の公開、検索、推奨、ドッキングなどのサービスをさまざまな主体に提供する必要があります。プロジェクトの研究開発および技術サービス。

市および県(市、区)人民政府の人事・社会保障部門は、人材サービスの標準化を強化し、人材管理サービスを改善し、雇用モデルの革新が必要な企業を支援し、人材の効率性を向上させる必要がある。割り当て。

第 21 条 市、県(市、区)人民政府およびその関連部門は、知的財産権公共サービス体系を確立および改善し、知的財産権公共サービスのワンストップ供給メカニズムを改善し、市場主体の内部知的財産権管理の標準化を指導および支援しなければならない。市場主体が知的財産権を作成、使用、保護する能力を向上させます。

市人民政府とその関連部門は、知的財産権の司法的保護と行政的保護の間の調整・接続メカニズムを確立・改善し、地域を越えた法執行協力メカニズムを改善する必要がある。 知的財産権紛争の多様な解決メカニズムと権利保護支援メカニズムを改善する。

市および県(市、区)人民政府は、市場主体の革新的科学技術活動を支援するために、知的財産信用保証メカニズムと質権融資リスク補償メカニズムを改善すべきである。

市人民政府は、海外知的財産支援メカニズムを改善し、リスク警告および緊急対応メカニズムを改善し、市場主体の知的財産保護レベルを向上させる必要がある。

第 22 条 市、県(市、区)人民政府とその関連部門は、イノベーション・起業パーク、インキュベーション拠点、メーカースペースなどのイノベーション・起業インキュベーションキャリアの建設を強化し、支援しなければならない。サービスやその他の側面に関して、市場主体の立ち上げコストを削減し、インキュベーションの成功率を向上させるために、規制に従って政策的および財政的支援が提供されます。

市、県(市、区)の人民政府とその関連部門は、イノベーションと起業家精神のサービスシステムを最適化し、大学、科学研究機関、企業と団体、社会組織、育成事業者を指導して、イノベーションと起業家精神をドッキングさせるための長期メカニズムを確立する必要がある。イノベーションと起業家精神の変革の成果を提供するために、業界との成果を提供し、ドッキングチャネル、プロモーションとアプリケーションなどのサービスを提供し、追跡サポートを強化し、優れたプロジェクトの実装と開発を促進します。

第 23 条 市、県(市、区)人民政府は、中小企業の発展を支援するための金融支援、料金減免、金融支援、公共サービスなどの政策・措置を策定する。

市および県(市、区)人民政府は、中小企業の専門的、洗練された、特色ある革新的な発展を導き、中小企業が国家に統合され奉仕するのを支援するための政策と措置を策定し、改善しなければならない。地方自治体の発展戦略を策定し、企業の集中を促進する。 主要事業の変革とアップグレードを加速し、イノベーション能力と開発レベルを強化する。

市、県(市、区)人民政府とその関連部門は、大企業と中小企業がイノベーションチェーン、産業チェーン、サプライチェーン、データチェーンなどの面で協力を強化することを促進し、統合イノベーションの育成を支援する必要がある。中小企業のプラットフォーム・拠点の整備、大企業と中堅企業の融合の推進、中小企業の一体的発展。

市、県(市、区)人民政府とその関連部門は、ブランド構築の奨励メカニズムを改善し、中小企業のブランド育成管理システムの確立と改善を指導し、中小企業の自主ブランド育成を支援する必要がある。ブランド。 市場監督行政、商工、情報技術部門は中小企業の登録商標、地理的表示、特別標識、由緒あるブランドの申請について指導し、ブランド保護メカニズムを確立・改善し、市場を強化する必要がある。中小企業ブランドの競争力。

第 24 条 市、県(市、区)人民政府およびその関連部門は、信用情報共有プラットフォームを利用して、中小企業の特性に応じた総合的な公的信用評価制度を確立および改善し、評価結果を定期的に推進するものとする。金融機関へ。

市内の適格金融機関に対し、公的信用情報の利用、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの活用を奨励し、中小企業向けの信用評価とリスク管理モデルを改善し、与信承認プロセスを最適化し、以下のようなサービスモデルを推進します。 「信義台」として。

市および県(市、区)人民政府は、中小企業向け信用リスク補償基金を設立し、中小企業に融資サービスを提供する銀行に融資リスク補償を提供し、融資に関する緊急救済を提供することができる。適格な中小企業に対するその他の財政支援。

第 25 条 水道、電力、ガス、通信網などの公共企業および機関は、サービス範囲、標準、料金、手順、完了期限などの情報を公開し、設置手順を簡素化し、処理手順を最適化し、コストを削減しなければならない設置費用。

公共企業や公共機関は、アクセスとサービスの標準化を推進し、アクセス標準とサービス標準がオープンかつ透明であることを確保し、関連する拡張サービスとワンストップサービスを提供する必要がある。

公共企業及び公共機関は、取引の指定、サービスの遅延等により市場主体に不当なサービス条件の受け入れを強制してはならないし、いかなる名目であっても不当な料金を請求してはならない。

水道、電力供給、ガス供給、通信ネットワークなどの公共企業体および機関は、市場主体に対するサービスの品質保証を強化し、不法にサービスを拒否したり中断したりしてはならない。 関係部門は、水、電気、通信ネットワークの供給の信頼性に対する管理および保証措置を確立する必要があります。

市、県(市、区)人民政府の関連部門は、公共企業体および公共サービスを提供する機関の業務を監督・評価する仕組みを確立し、監督・管理を強化する必要がある。

第 26 条 市、県(市、区)人民政府は、土地の空間計画と実情に応じて、開発区、機能区、工業団地内に教育、医療、保育、公共交通などの公共施設を合理的に配置しなければならない。 、全体的な支援施設とサービスレベルを向上させ、交通、給排水、電気、ガス、ネットワーク、下水処理、その他のインフラと公園との効果的な接続を促進するために、公園と周囲のインフラの建設を改善する必要があります。

市および県(市、区)人民政府は、必要に応じて工業団地管理機関にワンストップサービス受付窓口を設置し、起業、プロジェクト建設、人材サービスなどの政府コンサルティングおよび代理サービスを提供する必要がある。

第 27 条 市、県(市、区)人民政府とその関連部門は、政府サービスデータの収集と共有メカニズムを改善し、地方政府サービスプラットフォームの相互接続を促進し、地域間、部門間、レベル間の連携を促進するものとする。政府サービスデータの共有とビジネスコラボレーション。

申請者は、市のあらゆるレベルの部門がデータ共有を通じて入手できる情報を提供する必要はありません。

第 28 条 仲介業務機関は、法定の行政審査・認可仲介業務の処理条件、手順、期限及び料金基準を明確にし、これを公開しなければならず、虚偽の証明書又は報告書を発行してはならない。

仲介業者及びその従業員は、法律に従って仲介業務を遂行し、顧客の正当な権利利益を保護し、国益、公共の利益又は他人の正当な権利利益を害してはならない。

本市は、各種の業界団体や商工会議所を育成・発展させ、法律に基づいて業界団体や商工会議所の課金、評価、認証等の活動を規制・監督しています。

業界団体と商工会議所は、法律、規制、憲章に従い、業界の自主規律を強化し、業界の要求を迅速に反映し、情報相談、広報と研修、市場の拡大、権利保護、および市場主体へのサービスを提供する必要があります。論争の解決。

業界団体や商工会議所に対し、さまざまな業界のドッキング・交流プラットフォームを構築し、影響力のある業界活動を開催し、投資促進や人材紹介などの業務を実施するよう奨励する。

第 29 条 市または県(市、区)人民政府の主要な行政決定事項が企業の生産と経営に密接に関連しており、企業の重大な利益または権利義務に重大な影響を与える可能性がある場合、法律に基づいて機密保持が義務付けられている場合を除き、意思決定前に十分な情報を提供し、関係企業、業界団体、商工会議所の意見を聞くとともに、政府ポータル、オンライン政府プラットフォームを通じて国民の意見を公募する等のメディアに掲載するとともに、法令に基づく適法性審査、公正競争審査等の特別審査を実施します。

市場主体の権利と義務に関わる現地の法律、規制、行政規範文書および本市が策定した政策および措置は、発行日から 10 営業日以内に法律に従って公表し、広報および解釈を行うものとする。さまざまなチャネルや方法を通じて強化されます。

市場主体の権利と義務に関わる政策は、継続性と相対的な安定性を維持する必要があります。 状況の変化や公益のために調整が必要な場合には、実際の状況に基づいて合理的な移行期間を設定し、市場主体のために必要な適応と調整の時間を確保する必要がある。

第 30 条 行政法執行機関は、さまざまな分野の特性、リスクレベル、市場主体の信用レベルに基づいて、分類された規制措置を採用しなければならない。

(1) 公安と国民の生命・健康に直接関わる特殊産業及び重点分野については、法に基づき全面的な重点監督を実施する。

(2) 法律に従い、他の分野でも「二重ランダム、一オープン」の監督モデルを実施し、検査対象を無作為に選択し、法執行検査員を無作為に選択し、無作為検査事項と調査結果を速やかに公開する。

(3) 苦情・報告、照会、データ監視等により発見された問題点については、対象を絞った検査を行い、法に基づいて対処する必要があります。

監督プロセスに関与する市場主体の企業秘密は、法律に従って機密として保持されるものとします。

本市は「人工知能+二重ランダム化」監督モデルを提唱しており、複数の業界や部門でのデータ共有と応用を通じて、ビッグデータ分析を利用して企業のビジネスリスク分析モデルを確立し、異なるリスクレベルに応じて企業を分類し、差別化された監督を実施している。対策。

第三十一条 行政機関は、不法行為の事実、性質、状況及び社会的被害の程度に応じて、行政罰裁量基準を定め、これを公表しなければならない。

行政機関は、行政罰裁量基準の標準化に関連する支援業務システムを確立・改善し、行政罰裁量基準の実施を部門の行政法執行職員の評価・査定・説明責任に組み込み、行政罰裁量権の行使を標準化する必要がある。

第 32 条 市、県(市、区)人民政府とその関連部門は、新技術、新産業、新業態、新モデルに対して包括的かつ慎重な監督を実施し、分野別、業種別の対応する規制規定と基準を策定し、施行しなければならない。品質と安全性を確保するためには、単に監督を禁止したり排除したりすることはできません。

市、県(市、区)人民政府は、新産業、新業態に対する行政監督部門と監督責任を速やかに明確化すべきである。

第 33 条 市、県(市、区)人民政府及びその関係部門は、信用に基づく新たな規制メカニズムを構築し、規制方法を革新し、行政監督、業界の自主規律、社会監督、公共の総合的な規制制度を形成しなければならない。 ; 法令に基づき、信頼性に対する報奨金および背任に対する処罰を実施します。

市場主体は、自らの義務を積極的に履行し、信頼できない行動を修正し、悪影響を排除することにより、自らの信用を修復することが奨励されています。

第 34 条 本自治体は、市場主体がコンプライアンス管理システムを確立および改善し、法的審査とリスク特定および重大な決定に対する早期警告メカニズムを改善することを奨励および支援します。

市および県(市、区)の人民政府とその関連部門は、一般的な指導や提案を提供し、関連する契約モデル文書を作成および発行し、市場主体が法律に従って運営するよう指導および督促する督促状を送付することができる。

人民法院、人民検察院、公安機関は、企業のコンプライアンスを促進し、企業にリスク内部管理システムの改善を促し、企業犯罪の軽減と防止を目的として、法律に従って刑事違反防止メカニズムを確立することができる。 事件に関与した企業のコンプライアンスに対する第三者による監督・評価メカニズムを確立し、改善する。

第 35 条 市、県(市、区)人民政府は、企業破産処理に関する同レベルの人民法院との調整・連携メカニズムを整備し、破産管財人が法に基づいて法定の義務を履行することを確保し、破産管理者の法定義務の履行を確保する。企業破産の開始、従業員の定住、資産処分、信用修復、税務関連問題の処理、破産企業の再建などの問題の解決。

市、県(市、区)人民政府の人事・社会保障部門は、法に基づいて破産企業従業員の正当な権利と利益を保護し、従業員の労働報酬紛争、社会保障移転、その他の紛争を調整・解決する。退職者、ファイル転送などの社会的な管理。

同市は破産企業の再建における信用修復メカニズムの確立を検討しており、課税、市場監督、入札などの主要分野で再建企業の信用修復サービスを最適化している。

第 36 条 市および県(市、区)人民政府は、市場主体との正常なコミュニケーションメカニズムを確立し、市場主体が提案を行い、現実の状況を反映するよう奨励し、市場主体の意見と要求を適時に聞いて対応しなければならない。生産や運営で直面する困難や問題を法律に従って解決するよう支援します。

市場主体から報告された普遍的かつ共通の問題については、関連部門を改革の範囲に含め、その責任に応じてビジネス環境を最適化する必要がある。

市場主体は、ビジネス環境に関する問い合わせや苦情を、政府サービス便利ホットライン 12345、政府のウェブサイト、部門の電話番号、政府のニューメディアなどを通じて提出できます。 関係部門、公共企業、機関は所定の期限内に処理し、対応しなければなりません。

第37条 この規程は、2023年11月1日から施行する。

No comments:

Post a Comment

精选的博文

"Get out of the circle"! Sihui City’s cultural and creative works were unveiled at the 20th Shenzhen Cultural Expo

 "Get out of the circle"! Sihui City’s cultural and creative works were unveiled at the 20th Shenzhen Cultural Expo Released by Si...

热门的博文