Friday, October 27, 2023

肇慶市(広東省管轄の地級市)--日本人観光客は広東省肇慶市を歓迎します

肇慶市(広東省管轄の地級市)--日本人観光客は広東省肇慶市を歓迎します



肇慶市

広東省管轄の地級市

肇慶市は、広東省が管轄する地級市で、広東省の中西部、珠江デルタの西端に位置しています。 西は広西チワン族自治区の梧州と賀州、南は雲浮、陽江、江門、東は佛山、背後は清遠と隣接しており、発展した沿岸地域から南西部の省までの交通の要衝となっている。 珠江の本流である西江がこの地域を通過し、北回帰線が横切っています。 北嶺を背に西江に面し、上空は滄武市、下は南シナ海を支配しており、広東省西部の喉元であり、「中国の硯の首都」として知られています。 肇慶市は、深い文化遺産と嶺南の雰囲気が色濃い国家歴史文化都市であり、嶺南文化と光復文化の発祥の地と栄華の地の一つである。 同時に肇慶市は中国有数の観光都市、国家庭園都市、国家衛生都市、国家環境保護モデル都市でもある。


中国語の名前

肇慶市

外国人の名前

秀興


所属する地区

中国広東省


地理上の位置

北緯22度47分~24度24分、東経111度21分~112度52分の間


エリア

15,000平方キロメートル

管轄区域

端州区、鼎湖区、高要市、四会市、広寧県、懐済県、豊開県、徳清県


官邸

端州区城中路49号

気候条件

亜熱帯モンスーン気候

有名な風景

七星岩、仙湖、鼎湖山など

肇慶駅、肇慶東駅(高速鉄道駅)

ナンバープレートコード: 広東省 H


ニックネーム

端州

人口

412万人(永住者2022人)

GDP

2,700億元(2022年)

テリトリー所有者

莫玄清、梁漢操、余漢蒙など。


電話の市外局番

0758

郵便番号 市外局番

526000

行政区分

県級市

地元の方言

広東語 - 羅光映画、客家語 (未満)

有名な学校

肇慶大学、広東財政大学など

都市概要

肇慶市は広東省の中部と西部、西江の中流に位置しています。 総面積は15,000平方キロメートル、人口は390万人以上で、端州区、鼎湖区と広寧、徳清、豊開、懐済の4県を統治し、高要、高養の2つの県級市を管理している。省レベルの肇慶ハイテク産業開発区が設立され、2010年9月、国家科学技術部は肇慶ハイテク産業開発区を国家レベルの肇慶ハイテク産業開発区に昇格することを承認した。 。


歴史

宋崇和元年(1118年)肇慶府が設置された。 「趙」は最初の説明で、「清」は縁起であり、宋徽宗は端王と名付けられたため、王位を継承して世界を統治するという縁起を引き寄せたことを意味します。 [1]


春秋戦国時代には白越の地であった。 秦は南海県と桂林県の領土でした。 漢の武帝の元定六年に高要県が設立された。 端州は隋の時代に設立され、後に新安県に変更され、唐の時代に端州が復元されました。 宋崇和の治世元年、肇慶府が設置された。 元の時代には肇慶路と改められた。 明清時代には肇慶県であった。 中華民国では政府が廃止され高要県が残されたが、1949年に肇慶市に再編され、その後西江省管轄の高要県に合併された。 1952 年に広東省中央行政弁公庁に属し、1958 年に肇慶市に返還され、肇慶地域に属しました。 1988年に県級市に昇格した。


肇慶は古代嶺南先住民文化発祥の地の一つで、考古学的発見によると約 14 万年前に肇慶で人間の活動があり、約 1 万年前には新石器時代への移行が始まりました。


約 5,000 年前、肇慶市の先祖はすでに鍬栽培、牧畜、織物、さらに高度な陶器製造を行っていました。 春秋時代後期から戦国時代にかけて領内の墓から出土した青銅器には、中原の殷・周文化や長江流域の楚越文化の影響の痕跡が見られ、重要な文化が残されている。嶺南文化の特徴。


肇慶市は古代端州として知られ、嶺南文化発祥の地の一つです。 中原文化と嶺南文化、中国の伝統文明と西洋文明が早くから交わる地域の一つであり、秦王朝以前には嶺南で最も経済的、文化的に発展した地域の一つであり、かつては政治、西江流域の経済と文化の中心地であり、歴史上「嶺南」として知られている。有名な県」。


秦の時代以前、肇慶は白越に属していた。


秦の始皇帝の 33 年(紀元前 214 年)、秦は白越を平定し、南海県、桂林県、翔県を設立しました。 現在、肇慶市の一部は桂林県と南海県に属している。 秦王朝は四会県を設置し、現在の四会、広寧、懐済などの市と県の全部または一部を管轄区域とし、南海県の管轄下にあった。


南海県の管轄区域は、南東は南シナ海に接し、西は現在の広西チワン族自治区賀州まで、北は南嶺に通じ、現在の広東省東部、広東省北部、中部の一部を含む。広東省および広東省西部。番禺県、龍川県、博羅県、四会県の 4 つの県を統治します (『漢書』の記録によると)。この県は番禺市を統治しています。 現在の広東省の大部分は南海県に属しています。


漢王朝の武帝が南ベトナムを平定した後、現在の高要市、肇慶市、西部の高明市と三水市、東部の雲府市に高要県を設立しました。 現在の広東省には、膠州市が管轄する南海県(広東省中部および東部)全域と、滄武県、合浦県、荊州貴陽県、揚州豫章県の一部が含まれる。 このうち南海県には、掲陽、中粛(現在の清遠)、曾城の3県が秦王朝よりも多かった。


前漢の元定六年(紀元前 111 年)、この地域に 8 県が設置され、四会県は南海県に属し、広新県、謝木県、高要県、豊陽県、端渓県は滄武県に属し、高梁県に属しました。県と臨雲県 郡は合浦県の管轄下にあり、膠州市の管轄下にある。


後漢の建安 25 年(西暦 220 年)、行政区画は前漢から引き継がれました。 三国の呉黄武 5 年 (西暦 226 年) に東漢時代に沿って建設され、大部分は広州に属し、一部は膠州に属しました。 当時、北部(現在の懐済県周辺)は荊州市臨河県に属していた。


西晋太康三年(西暦282年)に9県が設置され、四会県は南海県の管轄下にあり、広新県、端渓県、元渓県、高要県、新寧県、臨雲県は滄武県の管轄下にあった。県、西姆県、鳳陽県は滄武県の管轄下、臨河県の管轄下、広州の管轄下。


東晋永和 7 年(西暦 351 年)、16 県が設置され、4 県に分かれ、すべて広州に属しました。 四会県と淮化県は南海県の管轄下にあり、広新県と高要県は滄武県の管轄下にあり、源渓県、端渓県、豊興県、都城県、金華県、龍祥県、福蓮県は金康県の管轄下にあり、臨雲県の管轄下にある。金康県の管轄下にあり、新興県、南興県、丹島県、平興県は新寧県の管轄下にあります。


南北朝時代 (西暦 420 ~ 479 年)、高要、広新、奉興、五華、端渓、金華、都城、楽城、岳城、降安、安水、浜江、温照、南興、興興、臨雲、甘東、丹東、龍潭県、福納県、博林県、威平県、新照県、華蒙県、花木県、四会県、懐済県、華珠県、平興県、春寧県、肇興県、建寧県、崇化県、西木県、崇徳県、西牧県、開尖県、永谷県の38県、7県に分かれる:南海、滄武、金康、新寧、水建、松龍、臨清、広州、翔州。


西暦 479 年から 502 年まで、龍郷県、羅平県、永西県、浜華県、寧郷県、彰化県、定昌県、保寧県、乾安県、春寧県、永城県、広西チワン族自治区、斉安県、斉建県、林県を含む 11 県が追加されました。 . 彼 4 県は広州と翔州に属します。 西暦 502 年から 589 年まで、広州、成州、建州、新州、龍州に属する 54 の県が設置され、梁天建 6 年 (507 年) 9 月、県は高要県に昇格し、広州都都となりました。高要県のマンションを合併しました。 西江総督および高要総督を務めていた間に、陳覇は西暦 557 年に陳王朝を建国しました。 陳王朝の間、広州のドゥドゥの邸宅は依然として高要を統治していました。


隋の開皇 9 年(西暦 589 年)、同省の高要県が県に改められ、端州が設立され、高要県、端渓県、平興県、楽城県、青台県の 5 県となりました。 隋の大業 3 年 (西暦 607 年)、端州は新安県に改名されました。 当時、肇慶には17の県があり、そのうち四会・華蒙・懐済県は南海県の管轄下にあり、高要・端渓・楽県は5県の管轄下にあった。


七星岩牌坊城、平興、新興、博林、銅陵の7県は新安県の管轄下にあり、龍水、安水、永西の3県は永西県の管轄下にあり、豊川県、都城県は管轄下にある。滄武県の管轄下にあり、建仙県は西平県の管轄下にあり、広州、蓮州、端州、龍州、豊州に分かれています。


唐の開元 29 年 (西暦 741 年) に 20 県が設置され、広州直轄の四会県、懐吉県、華蒙県、綿安県、端渓県、金康県、岳城県、都城県の 7 県に分けられました。各県は広州市の康州市の管轄下にあり、龍水、開陽、鎮南、建水の4県は龍州市の管轄下にあり、高要県と平興県は端州の管轄下にあり、新興県と永順県は新州市の管轄下にある。 ; 豊川県と開建県は豊州県の管轄下にあり、福林県と銅陵県は欽州県の管轄下にある。 南漢乾和 15 年(西暦 957 年)、1 県 6 県に分けて 20 県が設置され、四会県、懐吉県、華蒙県、蓮水県が興公の邸宅の管轄となりました。


北宋の正和元年(西暦 1111 年)、8 県が設立され、第 1 軍の 4 県に分けられました。高要県と四会県は興清軍の管轄下にあり、会済県は広州の管轄下にあり、豊川県は第 1 軍の 4 県に分かれていました。県と開建県は豊州の管轄下にあり、新興県は新州の管轄下にあり、端渓県と龍水県は江州の管轄下にあり、広南東路の管轄下にある。 崇和元年(西暦 1118 年)、宋の徽宗皇帝は興清軍に肇慶県の称号を与え、依然として高要県と四会県を統治していた。


宋の崇和元年(西暦 1118 年)、宋の徽宗皇帝が即位する前に端王の称号を与えられていた趙治は、直接彼に勅書を与え、端州を「端州」に改名しました。 「喜びと縁起の始まり」を意味する肇慶。それ以来肇慶という名前が使われ、現在まで元王朝は魯によって統治され、明と清の王朝は傅によって統治されています。


元朝 17 年(西暦 1280 年)、肇慶大邸は肇慶路と改名され、総支配人の邸宅が設置され、広西路(29 年に広東路に改称)の管轄となりました。 知順元年(西暦 1330 年)に 7 県が設立され、2 道 2 州の管轄下に置かれ、端渓県と龍水県は徳清路に属し、高要県と四会県は肇慶路に属し、豊川県が管轄されました。開堅県は豊州の管轄下にあり、新興県は新州の管轄下にあり、江西省興中州などの管轄下にある。 元朝 15 年 (西暦 1278 年) に、懐済県は湖広興中州賀州などに移され、治正 23 年 (西暦 1363 年) には広西チワン族自治区興中州賀州市に属しました。


明の洪武元年(西暦 1368 年)、肇慶府と改名され、広東正使の管轄となりました。 肇慶県は高要県、四会県、新興県、陽春県、陽江県、徳清県の5県1県を含んでいます。 成化 11 年 (西暦 1475 年) に戦略的位置が分析されて高明県が設立され、成化 14 年に恩平県が設立されました。 嘉靖五年(西暦1526年)には高要東部を分析して三水県を設置し、嘉靖三十八年には四会地域を分析して広寧県を設置した。 万暦 5 年(西暦 1577 年)、龍水県は羅定県(東安県と西寧県を率いる)に昇格し、広東正使の直属となった。 これまで肇慶県がリードしたのは徳清県、高要県、四会県、新興県、陽江県、陽春県、広寧県、高明県、恩平県の1県8県である。 四会寺県は広西チワン族自治区梧州県に属します。


明の嘉靖四十三年(1564年)、広東・広西総督府は広西チワン族自治区梧州から肇慶に移転したが、乾隆11年まで広州に移転しなかった。 182 年間続いた清王朝 (1746 年)。 1646年、朱有朗は肇慶政庁を宮殿として使用し、即位して皇帝を宣言し、名前を永麗と変え、肇慶で兵士と民間人を組織して清朝に抵抗した。


清朝初期には明の制度に従いました。 肇慶県は、広東省の管轄下にある広肇羅島の行政官庁です。 順治6年(西暦1649年)に開平県が設置され、雍正9年(西暦1731年)に鶴山県が設置され、当時肇慶府は徳清県、高要、四会、新興、高明、広寧県、開平県、鶴山県、豊県、四川省、開江県、陽江県、陽春県、恩平県の 12 県があります。 同治9年(西暦1870年)、陽江県が直里県に昇格し、陽春県と恩平県が割譲された。 光緒 34 年(西暦 1908 年)、会済県は梧州県から平楽県の新都庁に移管されました。


清代には、趙洛路、肇陽羅路、広昭路など、省と県の間に道路が設置され、道路プラットフォームのほとんどは肇慶市にありました。 1912 年以降、肇慶市には趙洛軍政府支局、肇陽羅鎮使節所、西北軍太平洋委員会弁公室が次々に設置され、1936 年には 12 県を管轄する広東省第二行政監察局が設置された。


中華人民共和国の成立後、肇慶市は高要県、肇慶市人民政府、肇慶市地方行政弁公庁の所在地となっている。 1988 年 3 月、肇慶市は端州、定湖区と高要、広寧、四会、新興、羅定、雲浮、徳清、雲南、豊開、懐済の 10 県を管轄する地方都市に変更された。 1994 年 4 月 5 日、国務院の承認を得て県レベルの雲浮市が設立され、雲浮、羅定、雲南、新興の 4 つの県レベルの組織が肇慶市の管轄区域から分離され、雲浮市の 1 つが管轄下に置かれた。市が設立されました。 これまで肇慶市は端州市と定湖市の2地区、高要市と四会市の2市(県レベル)、広寧市、徳清市、豊開市、会集市の4県、肇慶市ハイテク産業開発区(国家レベル)を管轄している。レベル)。)。


名前の由来


肇慶市は古代端州として知られ、中国四大硯の最初の端硯の産地です。 肇慶という名前の由来はすべて宋の徽宗皇帝によるものです。 ——端公は皇帝に即位し、自筆で「肇慶府」の三文字を書き、肇慶の地名は今も使われています。


行政区分

肇慶市は3つの市区(端州区、鼎湖区、大王区)、2つの県レベルの市(高要市、四会市)、4つの県(広寧県、懐済県、豊開県、徳清県)を管轄しており、肇慶市国家ハイテク産業開発区(大王市にある市政府から派遣された機関で、県および市レベルでの経済管理および行政承認権を有している)。


市政府は端州区城中路 49 号にあります。


地理と気候

位置範囲とエリア

肇慶市は広東省の中部と西部に位置し、東と南東は仏山市と江門市、南西は雲福市、北と北東は清遠市、西は広西チワン族自治区に隣接しています。 領土全体は北緯22度47分~24度24分、東経111度21分~112度52分の間に位置します。 北回帰線が領土の中央を通っています。 市の総面積は 14,900 平方キロメートルで、州の総面積の 8.31% を占めます。


地形

肇慶市の地形は、北西が高く、東と南が低く、北西から南東に向かって傾斜しています。 中低山と丘陵が主体で平野が少なく、山地、盆地、丘陵、沖積平野などが交互に分布する山地地形を形成しており、中低山と丘陵が市の面積の約81%を占めています。平野と河川水が総面積の 50%、19% を占めます。 山と丘陵は主に北の懐済県、北東の広寧県、西の豊開県と徳清県に分布しています。 河谷平野は四会、高要、定湖、端州など南東部の都市(地区)に分布しています。 市内には 1,000 メートル以上の山が 40 個あり、最高峰は会集県の大超頂 (標高 1,626 メートル) です。 カルスト地形はよく発達しており、石林、洞窟、孤立した峰などの地形を形成しています。たとえば、肇慶市の七星岩、会稽県の燕岩、豊開県の白石岩などがあります。


植生

肇慶市は南亜熱帯の生物の宝庫であり、世界的に有名な貴重な生物が数多く生息しており、広東省の主要な森林地帯の一つである。 自然植生は基本的に南亜熱帯常緑季節風林に属しており、豊開県の鼎湖山と黒石頂自然保護区に代表されます。


水文学

西江と北江はこの都市の 2 つの主要な水系であり、西江は三水区を西から東に流れ、北江と合流して珠江に流れ込みます。 この地域の水質は良好です。


気候

肇慶市は南亜熱帯モンスーン気候に属します。 年間平均気温は21.2℃、1月の平均気温は12℃、7月の平均気温は28.7℃です。 懐済県北部の山間部では冬に霜や雪が見られます。 年間平均降水量は4月から9月に集中して約1,650mm以上、年間蒸発量は1,300mm以上です。 霜が降りない期間は310日から345日です。 春先は曇りや雨が多く、夏と秋は台風の影響を受け、晩秋は寒露や風が強くなり、農業生産に悪影響を及ぼします。


生態系

生態学的地域分布

肇慶市の全域は北緯22度47分~24度24分、東経111度21分~112度52分の間に位置する。 北回帰線が領土の中央部を横切っており、肇慶市は南亜熱帯モンスーン気候に属します。 地形は北西が高く、東と南が低く、北西から南東に向かって傾斜しています。 中低山と丘陵が主で、平地は少なく、山、盆地、丘陵、沖積平野などが交互に分布する山岳地形を形成しており、山と丘陵は主に北の懐吉、北東の広寧、西の豊開に分布しています。そして徳清県。 河谷平野は四会、高要、定湖、端州など南東部の都市(地区)に分布しています。


市の総面積は14,900平方キロメートルで、中低山と丘陵が市面積の約81%を占め、平野と河川が総面積の19%を占めています。 西江と北江が二大都市

水系は西から東に流れ、三水区で北江と合流して珠江に注ぐ。 肇慶市は水質が良く、世界的に有名な貴重な生物が数多く生息する南亜熱帯生物の宝庫であり、広東省の主要な森林地帯の一つである。 自然植生は基本的に南亜熱帯常緑季節風林に属しており、豊開県の鼎湖山と黒石頂自然保護区に代表されます。


自然保護区の建設

鼎湖山自然保護区 :鼎湖山は嶺南の四大名山の一つで、肇慶市の北東18キロメートル、北緯23度10分、東経112度31分に位置する。 北回帰線が通過する地球上のほとんどの場所は砂漠または草原であるため、鼎湖山は中国や外国の学者から「北回帰線のエメラルド」とも呼ばれています。 1956 年、鼎湖山は我が国初の自然保護区となりました。


1979年に、ここはユネスコの「人間と生物圏」プログラムに参加した私の国で最初の保護地域の1つとなり、「人間と生物圏」研究センターを設立し、国際的な学術交流と研究の拠点となりました。 鼎湖山の面積は1,133ヘクタール、最高峰の吉龍山の標高は1,000.3メートルで、麓から山頂まで渓谷熱帯雨林、常緑広葉樹林、亜熱帯季節風常緑広葉樹林、針葉樹林と低木。 保存状態の良い南亜熱帯林は、典型的な帯状常緑広葉樹林であり、400年以上の歴史を持つ原始的な亜熱帯林です。 鼎湖山はその特別な研究価値で国内外に有名であり、中国南部の生物種の「遺伝子の宝庫」であり「生きた自然の博物館」と見なされており、野生の高等植物は 1,856 種あり、そのうち 23 種は野生植物である。国家重点保護植物 鼎湖山に自生する植物は 30 種である。


鼎湖山の多様な生態系と豊富な植物は、動物にとって豊富な食料源と良好な生息地を提供します。 そのため、ここには鳥類 178 種、国家保護動物 15 種を含む哺乳類 38 種など、動物の種類と量が豊富で、1998 年 12 月、中南林業大学森林観光研究センターの測定によると、鼎湖山のマイナスイオン含有量は最高レベルに達し、105,600イオン/立方センチメートルで、中国で測定されたマイナスイオン含有量が最も高い地域となった。 山中にある蝶の谷は、森林、小川、滝などの自然が融合しており、動植物資源が豊富で、全長は 3.1 キロメートルです。 現在、医療、健康維持、普及科学調査、観光などの総合観光プロジェクトの開発を計画しており、投資規模は約2000万元である。


天然資源

天然資源

最新のクラス II 調査データによると、2005 年に市の森林面積は 1,587 万 3,600 エーカーで、市の土地面積の 71.7% を占め、森林面積は 1,405 万 4,700 エーカー、森林被覆率は 65.1% でした。 、緑化率は66.8%、立木在庫は3,742万立方メートル、年間成長量は242万7千立方メートル、成長率は6.5%です。


現在、市には 399 万 1,100 エーカーの生態公共福祉林があり、市の総森林面積の 25.1% を占めています。 商業森林面積は 1188 万 2500 エーカーで、市の総森林面積の 74.9% を占めています。


水資源

西江と北江はこの都市の 2 つの主要な水系であり、西江は三水区を西から東に流れ、そこで北江と合流して珠江に流れ込みます。 西江と北江の本流は両方とも珠江水系に属します。 同地域内の複数年平均流出量は139億5,700万立方メートル。 流域面積が1,000平方キロメートルを超える河川には、西江とその一級支流の合江、新興江、二級支流の東安江、鳳港江、北江とその支流の水江が含まれます。 。 流域面積が100平方キロメートルを超える河川が50本あり、そのうち25本は西江水系に属し、残りの25本は北江水系に属します。 西江本流の水量は全国の主要河川の中で長江に次いで第二位であり、高要水文基地の複数年平均流出量は2,237億立方メートルであり、複数年平均流量は2,237億立方メートルである。毎秒7,100立方メートルです。 西江は広東省と広西チワン族自治区を結ぶ重要な水路で、3,000トンの船舶が下流から肇慶三栄港ターミナルに直接アクセスできます。


肇慶市の複数年平均の地表水資源量は140億立方メートル、地下水資源量は40億立方メートルであるが、水資源の空間的・時間的分布は不均一であり、降雨量は主に4月から4月までの洪水期に集中している。 10月は年間降水量の80%を占めます。 2004 年の同市の降水量は 1,253 mm で、これは長年の平均降水量の 76% でした。 西江、水江、合江から大量の水が供給されるため、乾年は生産や生活用水の使用にほとんど影響を与えません。 市の一人当たりの複数年間の水資源占有量は 3,553 立方メートルです (通過水 2,464 億立方メートルを除く)。 域内の水質は概して良好で、西江、遂江、合江はいずれも国家二級水質基準に達している。 水資源が豊富なため、工業化が加速して水の消費量が増加しても、今後10年間は​​水不足の問題は発生しないと予想されています。 しかし、干ばつ地域や石灰岩地域では依然として局所的な水不足が存在しており、市内では依然として11万6,500人が水を飲むのに困難を抱えている。


鉱物資源

肇慶市では61種類の鉱物が発見されており、そのうち36種類の埋蔵量が確認されている。 主な金属鉱物にはニオブ、タンタル、金、鉄、ビスマス、モリブデン、錫、銅、タングステン、レアアースが含まれ、金鉱物資源は豊富で、35 の鉱床があり、主に高要市、懐済県、豊開県などに分布しています。埋蔵量は91トンで、広東省の「黄金の故郷」として知られています。 非金属鉱物としては、主にセメント用石灰石、フラックス用石灰石、石膏、装飾用花崗岩、建築用花崗岩、陶土、硯、ミネラルウォーター、地熱水などが挙げられます。 硯は肇慶市独特の工芸装飾用石鉱物で、主に西江のカモシカ峡の東側、蘭科山の端渓の岸で産出されることから「端硯」と呼ばれています。 端硯は中国四大名硯の第一位です。 七星岩から鼎湖山に至る北嶺山も硯石の主要な産地である。 区内の老坑、坑仔岩、麻子坑などの硯石の品質が最も良いとされている。 当市の硯石の埋蔵量は約10万立方メートルである。


生物資源

肇慶市は南亜熱帯の生物の宝庫であり、世界的に有名な貴重な生物が数多く生息しており、広東省の主要な森林地帯の一つである。 1993 年の時点で、市は緑化基準を達成していました。 2004 年時点で、市の森林面積は 94 万 8,000 ヘクタール、森林被覆率は 67.4%、現存在庫量は 4,559 万 3,000 立方メートルでした。


自然植生は基本的に南亜熱帯常緑季節風林に属しており、豊開県の鼎湖山と黒石頂自然保護区に代表されます。 市内には 300 科近く、1,200 属以上、2,500 種以上の樹木が自然および人工的に生育しており、その中には 1,000 種以上の樹木や低木が含まれています。 森林の種類は主に松、モミ、薪林です。


国家重点保護の植物は 254 種あり、そのうち一級保護の植物はイチョウ、ソテツ、シルバーモミ、ウォーターマツ、メタセコイアなどの 51 種であり、二級保護にはソテツシダ、福建ヒノキ、緑皮、クスノキ、ナンム、チェッカーウッド、フォールウッド、香木、小豆、紫檀、プラタナス、満州灰、沈香、ハマグリ、ケヤキ、ユーカリなど203種あります。 中国の高要市、四会市、広寧県、豊開県、徳清県は、それぞれシナモン、ミカン、竹、ロジン、ミカンの故郷です。


茶茎竹と桂皮の輸出が国の半分以上を占めています。 市内には、150 種の鳥類、11 種の端足類、20 種の爬虫類、32 種および亜種の哺乳類を含む 210 種以上の陸生野生動物が生息しています。 国家重点保護に指定されている種は 36 種で、その中にはニシキヘビ、オオトカゲ、ウンピョウ、シロエリキジ、キジの 5 種が第 1 級保護に含まれており、第 2 級保護にはマカク、チベット首長国連邦、センザンコウ、大小のハクビシン、マダラヤマネコ、ゴールデンキャット、キジ、ヤケイ、大小の羽のあるニワトリ、オオヤモリ、トラシマカエルなど30種。


旅行リソース

肇慶市は中国第三陣国家級歴史文化都市の一つで、2,200年以上の歴史があり、嶺南文化発祥の地として知られています。 美安、徳清書院、肇慶古城壁、七星岩崖刻、徳清岳城龍木祖廟は国家重点文化財保護単位である。 星湖風景区は国家重点景勝地であり、国家 AAAA レベルの景勝地です。 市内には地域特色のある代表的な観光資源が95あり、そのうち自然観光資源は58で全体の61%を占めている。 肇慶市の観光資源は質が高く、種類も豊富です。


鼎湖山(景勝地)、七星岩、大石(豊開県)に代表される山地地質景観資源、新湖、西江、合江に代表される水景観資源、鼎湖山(自然保護区)、黒石頂に代表される生態資源(豊開県)、古城壁、岳江塔、端硯に代表される歴史文化資源、徳清龍母祖廟、梅安に代表される宗教民俗資源、肇慶ゴルフリゾート、広心農業生態公園などのレジャー、休暇資源は肇慶市の豊富な観光資源を代表するものです。


自然と人情の融合により、肇慶市の観光資源は他の省に比べて明らかな優位性を持っています。 発掘と統合を経て、七星岩と鼎湖山を中心として、四会鎮山、広寧竹海大展望、懐済延岩とザナドゥ、鳳開龍山と天下第一石、鼎湖葫山と天空を結ぶ都市が形成された。九龍湖、徳清盤龍峡、龍母祖廟、高要広信生態公園からなる「肇慶千里観光回廊」は、市内の観光発展を促進した。


エリア形成

古代には端州として知られた肇慶は、かつて西江流域の政治、経済、文化、軍事の中心地であり、2,200 年以上の歴史を誇ります。 ここは嶺南先住民文化の発祥の地であるだけでなく、中原文化と嶺南文化、西洋文明と伝統的な中国文明が最も早く交わった場所でもあります。 肇慶市は亜熱帯に位置し、温暖湿潤な気候、豊富な植生、多種多様な生物種があり、人間の居住に非常に適している。 北宋時代には「縁起の良い始まり」を意味する肇慶と呼ばれていました。


交通機関

高速道路

2013年末現在、肇慶市の高速道路走行距離は13,382.4キロメートルで、そのうち高速道路は251.317キロメートルである。


広州高速道路、江照高速道路、広佛趙高速道路、肇華高速道路、淮陽高速道路、広河高速道路淮吉~霊峰区間、二光高速道路連州~淮集区間、汕頭~昆明高速道路 高速道路の龍川~淮吉区間と国道321号線、324号線が通過それを通して。


鉄道

鉄道路線:南広鉄道、広佛山趙都市間軽便鉄道、貴広高速鉄道、三毛鉄道(広州~湛江)、六趙鉄道(計画中)


主要鉄道駅: 肇慶駅、肇慶東駅


都市の栄誉

2012 中国の特色を持つ魅力的な都市トップ 200


国家科学技術先進都市(地区)


国家スマートシティパイロット


国立歴史文化都市


中国の優れた観光都市


国立田園都市


国民健康都市


国家環境保護モデル都市



歴史と文化

ダイエット

肇慶市のケータリングは主に広東料理で、北と南の味、中国と西洋のスタイルを組み合わせた地元の味があり、料理、軽食、軽食が統合されています。 主な地元の特産品には、西江の生鮮食品、広寧の筍料理、高要市大湾鎮の舞渓鯉(草鯉)、文清鯉、鼎湖上蘇、肇慶の包み蒸し、豊海杏花鶏、四会仙貝、四会などがあります。ティーチキン、徳清ペニーヌードルなど


民俗芸術

肇慶市懐済の「桂歌劇」は300年以上の歴史を持つ中国でも珍しい歌劇の一つで、魚龍舞、酉の舞、一角獣の白馬の舞、12月の茶摘みの歌などが披露される。 400年間野原で歌われ続けています。


職人技

文房四宝の一つである端硯は肇慶市で産出され、書道の重要な道具の一つである。 端硯は肇慶市の最も有名な特産品である端、つまり端州の略称です。 肇慶端硯、湖壁、ライスペーパー、匯硯は「学問の四宝」とも呼ばれる。 石は純粋で柔らかく、墨跡は耐久性があり、彫刻は精巧で、過去の王朝の貢物として列挙されています。


人口

2013年末時点の常住人口は402万2100人、出生率は5万4300人、出生率は12.34パーセント、死亡者数は2万3400人、死亡率は5.32パーセント、自然増加人口は3万900人、自然増加率は3万900人であった。成長率は7.02‰でした。


肇慶市の地区(県、市)の人口データ


分割


面積 (km²)


居住人口(2010年11月)


肇慶市


14822.19


3918085


端州区


152.30


479344


鼎湖区


552.39


164701


広寧県


2380.00


424128


懐済県


3573.01


814172


豊開県


2723.29


398304


徳清県


2002.80


341197


高養市


2185.62


753357


四会市


1262.96


542882



全国の民間伝承

言語

肇慶市では主に人気のある中国語の方言が 2 つあります。1 つは広州方言としても知られる広東語、もう 1 つは広東語 (一般に俗語として知られています) で、2 つの部分に分かれています。最初の部分は主に分布する広東語です。端州市、定湖市、高要市 ; 2 番目の部分は、四会、徳清、広寧、会集、豊開、ハイテク (大王) 地区に分布する羅光面 (別名: 郭老面) です。


市の総人口の 90% 以上が広東語を話しますが、懐吉県には上方方言と下方方言があるなど、地域ごとに意味や語彙の違いなど、独自の郷土色があります。 2つ目は客家語で、市内で30万人以上が話していて各地に分布しており、その中でも話者数が最も多いのは四会市の約12万人です。 さらに、会集県と豊開県にはチワン語や少数民族のスローガンもある。 チワン語話者は、主に懐済県北部の下水庄、八尾鎮、中州鎮のいくつかの村に住んでおり、人口は約 7,000 人で、北部のチワン族の方言に属しており、広東語を話す漢族の同胞と密接な交流があるため、北部の方言には明らかな違いがあります。


この市には約20万人のスローガン保持者がおり、主に永谷、石東、橋頭、大港、梁村などの会集県の町と、奉開県の河口鎮、金荘鎮、長安鎮の一部の村に分布している。


民族分布

肇慶市には 47 の民族が居住しており、漢民族が最大の人口を誇り、市の総人口の 99.47% を占め、チワン族、ヤオ族、回族、李族、土家族、ミャオ族、満州族、東族を含む 46 の少数民族がいます。 少数民族の中で、チワン族、ヤオ族、回族が最大の民族であり、集団で住んでいます。チワン族は主に、懐済県の下水庄、ヤオ郷、中州鎮に分布しています。ヤオ族は、下水チワン族とヤオ郷に集中しており、回族は主に端州地区に集中しています。 他の少数民族は、主に人材の流入や結婚関係を通じて都市に流入します。 この都市には、最も多くの少数民族が共に住んでいる下水庄と下水の八尾鎮があります。


宗教

肇慶市には、仏教、イスラム教、カトリック、キリスト教を含む 9 つの主要な宗教団体があります。 肇慶市カトリック愛国会とカトリック教務委員会はいずれも 1990 年に設立された。カトリック愛国会の会長と会長は現在空席である。 肇慶市仏教協会は 1989 年に設立され、現在の会長は石念国氏です。 肇慶市キリスト教三自愛国協会は 1989 年に設立され、現在の会長は李道成氏です。 肇慶市キリスト教協会は 1989 年に設立され、現在の会長は劉天慈氏です。


肇慶イスラム協会は 1981 年に設立され、現在の会長は馬昆豪氏です。 2004 年末までに、この都市にはキリスト教徒 3,146 人、カトリック教徒 2,122 人、仏教徒​​ 15,000 人、イスラム教徒 508 人を含む約 20,000 人の宗教信者がいた。 市内には164人の宗教職員がおり、その内訳は仏教信徒53人、尼僧87人(ザイ・ニアンを含む)、イスラム教イマーム2人、カトリック司祭1人、修道女2人、キリスト教の長老3人、説教者16人である。


仏教活動の主な会場は青雲寺、劉祖寺、白雲寺、慈雲寺、宝蓮寺、乾安を含む 8 か所、イスラム教の活動会場は都市部の成西清真寺と成東清真寺など、カトリックの活動会場は 7 か所あります。端州楽竹囲教会、高要上清湾教会、高要黄東教会、キリスト教の活動会場には、端州城中路キリスト教会、四会キリスト教会、広寧キリスト教会、豊海キリスト教会、徳清キリスト教会、高要新橋キリスト教会、高要連塘キリスト教会、および11が含まれます。他の場所。


興味のある場所

旅行リソース

肇慶市は中国第三陣国家級歴史文化都市の一つで、2,200年以上の歴史があり、嶺南文化発祥の地として知られています。 美安、徳清書院、肇慶古城壁、七星岩崖刻、徳清岳城龍木祖廟は国家重点文化財保護単位である。 星湖風景区は国家重点景勝地であり、国家 AAAA レベルの景勝地です。


市内には地域特色のある代表的な観光資源が95あり、そのうち自然観光資源は58で全体の61%を占めている。 肇慶市の観光資源は質が高く、種類も豊富です。 鼎湖山(景勝地)、七星岩、大石(豊開県)に代表される山地および地質景観資源、星湖山、西江、合江に代表される水景観資源、鼎湖山(自然保護区)、生態資源に代表される黒石頂(豊開県)、古城壁、岳江塔、端硯に代表される歴史文化資源、徳清龍母祖廟、美安に代表される宗教民俗資源、肇慶ゴルフリゾート、広新農業生態公園などレジャーと休暇の資源は肇慶市の豊富な観光資源を代表しています。


自然と人情の融合により、肇慶市の観光資源は他の省に比べて明らかな優位性を持っています。 発掘と統合を経て、七星岩と鼎湖山を中心として、四会鎮山、広寧竹海大展望、懐済延岩とザナドゥ、鳳開龍山と天下第一石、鼎湖葫山と天空を結ぶ都市が形成された。九龍湖、徳清盤龍峡、龍母祖廟、高要広信生態公園からなる「肇慶千里観光回廊」は、市内の観光発展を促進した。


自然景観

【興湖風景区】


星湖は国家重点景勝地の第一陣、国家 AAAA 級景勝地の第一陣、全国十大文明景勝地の第一陣の一つである。国内初のISO14000を取得した国家実証景勝地。 星湖は七星岩と鼎湖山の二大景勝地から構成され、面積は約20平方キロメートル、保護区は261平方キロメートルで、広東省で最も有名な観光名所である。


七星岩風景区は肇慶市の北部に位置し、「嶺南第一の不思議」として知られ、5つの湖、6つの丘、7つの岩、8つの洞窟で構成されています。 廊峰、玉屏、獅子、天竺、蟇蟇、仙丈、阿坡などの七つの岩峰が北斗七星のように天空にそびえ立ち、6.5平方キロメートルの湖に埋め込まれ、険しい峰、緑の水、奇岩の絵を形成している。古代寺院の動画と国家重要文化財保護単位である七星岩の断崖彫刻は、中国南部で最大かつ最も保存状態の良い断崖彫刻群です。 仙湖は七星堰の新しいハイライトです。


鼎湖山風景区は肇慶市の中心部から 18 キロメートルの距離にあり、古木や滝がそびえ立ち、我が国初の自然保護区であり、我が国初の世界生物圏保護区の一つである。 中国や外国の科学者からは、北回帰線のオアシスであり、生きた自然の博物館として賞賛されています。 空気中の酸素マイナスイオン含有量は国内最高(105,600イオン/cm3)であるため、「中国No.1の天然酸素バー」の評判を誇っています。 鼎湖山保定園の肇慶九龍保定硯と端渓龍帝硯はともにギネス世界記録に登録されている。 蝶谷は新しく開発された冒険観光ラインで、山の中にある青雲寺は嶺南の 4 つの有名な寺院の 1 つです。


【高要広新農業生態園】


1999年4月に設立されたこの公園は、総面積5,000エーカー以上をカバーし、近代農業の発展と観光のための科学技術農業の促進を目的とした総合開発の実施をテーマとしています。 現代農業モデル区の建設を基礎として、農業と観光を結合し、田園風景、自然生態、環境資源を活用し、農業、林業、畜産、副業漁業生産、農業ビジネス活動、農村習慣を結合して一連の改善を図る。公園は、レクリエーション、エンターテイメントおよび会議トレーニングエリア、環境に優しい農業エリア、エクストリームスポーツアドベンチャーエリア、青少年の質の高い教育エリアの 4 つの主要な機能エリアに分かれています。 農業および生態観光、レジャー休暇、質の高い教育、ビジネス会議を統合したユニークな総合サービスの場を形成します。


【盤龍峡生態観光風景区】


広東省徳清県の北西部に位置し、県庁所在地から23キロメートル離れています。 この景勝地は原始的なエコツーリズムと中国の龍の文化と伝説の聖地であり、面積は 30,000 エーカー以上で、そのうち 20,000 エーカー近くが原生二次林です。 この景勝地には、緑豊かな植物、緑の峰、チリンチリンと音を立てる山の湧き水、鳥のさえずり、香りの良い花、そして新鮮な空気があり、地上の楽園のような雰囲気を醸し出しています。 この景勝地には現在、渓谷ラフティング、滝の驚異、ジップライン、水上「ディスコ」、オフロードレース、山の湧き水プール、黄島坡織物村、興味深い水車、スタイルの木造住宅エリア、と原生林観光プロジェクト。


この景勝地の滝は「アジアでは珍しく、広東初」として知られており、その中でも霊天滝の高さは60メートル以上、騰龍滝の高さは80メートル以上です。 景勝地の原生林は天然の大きな酸素貯蔵庫を形成しており、空気中のマイナスイオン濃度は1立方センチメートルあたり10万個と高く、観光客がリラックスして療養するのに最適な場所です。 「生きた化石」と呼ばれる国家一級保護植物、オランダカイウが景勝地内に点在している。 この景勝地での峡谷下りは「中国戦士の最初の下り」として知られています。


【肇慶ゴルフリゾート】


高要市白図鎮に位置するこのゴルフ コースは、全長 6,638 メートル (7,300 ヤード) の 18 ホールの世界選手権標準ゴルフ コースで、ユーカリの森、146 のバンカー、湖などの自然景観をフェアウェイのデザインに組み込んでいます。 ほぼ自然に近いコース景観で、1998年に「中国ゴルフ」誌により「最も美しい景観コース」に選ばれました。 このコースの No.1 ホールは、その独特なフェアウェイ設計により、2001 年にゴルフ ダイジェスト誌によって「中国のトップ 18 ホール」の 1 つとして評価され、ベスト ゴルフ賞を受賞しました。


ゴルフコースのクラブハウスは山を背にして建てられており、ゴルフコースのさまざまな角度からの景色を一望できます。 ユニークなデザインは、「すべてのメンバーとゲストが、まるで家に帰ってきたかのように、リラックスして自由に感じられるようにする」というリゾートの文化的コンセプトを完全に体現しています。 クラブハウスには、中国料理と西洋料理のレストラン、ゴルフ練習場、フットマッサージ、ホテルスタイルの客室、テニスコート、ジム、多目的会議室、ビリヤード室、子供用娯楽室、釣り台などのサポート施設が備わっています。


【龍山風景区】


豊開県龍山風景区は広東省の省級風景区で、龍山溶岩(中央)風景区、大石風景区、千層峰風景区、蓮都ギャラリー風景区、合江風景区で構成されており、面積は25.34平方キロメートル。 奇妙さ、美しさ、静けさで有名で、花崗岩、石灰岩、砂頁岩などのさまざまな地形の自然景観があります。


龍山の中心景勝地は石灰岩の溶岩の景観で占められており、主に双龍洞、白石岩、龍泉洞、鳥園、民族公演、蓮池潭、龍山湖、桃花島、小松島、観音山、龍石山、獅子などで構成されています。岩亀山や龍山大仏などの景勝地で構成されています。 この景勝地の主な景勝地は、高さ 191.3 メートル、長さ 1365 メートル、幅 695 メートル、周囲 4100 メートル、面積 1101 エーカーの球状の花崗岩の岩塊です。 盤古祠、聖妃宮、梨園、世界一の石碁盤、ロッククライミング、星華山荘など10以上の景観がある。


千層峰風景区は河口鎮に位置し、面積は280ヘクタール、山頂の高さは200メートル以上です。 さまざまな形をした峰は、いずれも堆積性の砂頁岩と地元の石灰質頁岩の層で構成されているため、「千層峰」と呼ばれています。 風光明媚なエリアには、展望台、滝展望パビリオン、水遊びエリア、バーベキューエリア、緑の橋などがあります。 蓮都ギャラリー風景区の面積は14.68平方キロメートルで、龍山風景区が管轄する最大の景勝地であり、カルスト地形と絵のように美しい風景があり、「十マイルギャラリー」と呼ばれています。 和江風景区は和江の下流、白国発電所から江口発電所までの流域に位置し、面積は476.8ヘクタールである。 曲がりくねった川、澄んだ水、そして両側に生い茂る竹林で有名です。


【鎮山風景区】


四会市の南2キロメートルに位置し、標高は648メートルです。 かつて広正山として知られていた鎮山は、唐の大理時代 (西暦 766 ~ 776 年) に殉教者徐家に捧げられ、かつては烈奴山と呼ばれていました。最初は鎮山と改名されましたが、北宋時代に趙真帝のタブーを避けるために鎮山に変更されました。 明の時代には鎮山と改名されました。


鎮山は南から北を向いており、山と丘があり、曲がりくねった小川と澄んだ池があり、緑と霧が深くて美しいです。 雨が上がり空が晴れると、山々は緑に覆われ、風光明媚で、明の時代には「鎮山夕吉」と呼ばれ、四会八景の一つに数えられました。 山の小川は清らかで、一年中滝が流れ続けています。 龍池の横には石の祭壇があり、ここで雨乞いをして民生利益を上げていると言われています。 川には一般に「ウドゥ石カタツムリ」として知られる平尾の妖精のカタツムリがいて、片側には一般に「フナのフライ」として知られる茶色の妖精の魚がいます。 山中には麻青、水鉢、鏡などの幻の石があり、仙人の痕跡とも言われています。


【バンブーシーグランドビュー】


広寧県は全国トップ 10 の竹の町の 1 つです。 竹の植林面積は104万エーカーで、120種類以上があり、国内第1位です。 竹海大観賞区は水江両岸の広大な平野の竹海を利用して造られた観光名所であり、敷地面積は8.13平方キロメートルであり、竹文化風景区、竹海の建設が計画されている。コアエリア、ホテルリゾート、10マイルの竹の廊下。 プロジェクトの第 1 段階は 2003 年 10 月 1 日に完了しました。


当初は「竹いかだに乗って、竹車に乗って、竹の海を見て、竹の子を食べて、竹筒酒を味わって、竹筒ご飯を味わって、竹芯茶を飲んで、船宿に泊まる」という観光ルートが形成されている。 、そして竹工芸品を買うことです。」 伸びる竹の海、ターコイズブルーの水江、エメラルド色の竹の回廊、金色の砂浜、新鮮な空気、奥深い竹文化、そして豊かな竹料理が多くの観光客を魅了しています。


【ヤンヤン】


延岩風景区は会集県橋頭鎮に位置し、省重点景勝地であり、典型的なカルスト洞窟であり、無数のアナツバメが巣を作り、繁殖していることから名づけられた。 私の国の内陸部でアナツバメが生息する唯一の場所です。 洞窟内には清流が流れており、この川は枯れることがなく、船で入ることができます。 「延岩渡船」は古淮陽八景の一つです。 延岩洞の壮大さは、広東省の他の有名な洞窟に匹敵するものはほとんどなく、「世界で最も素晴らしい洞窟」として知られています。 延堰を訪れる際は、延堰の美しい自然景観を楽しむだけでなく、崖の上を飛ぶツバメの巣拾いのスリル満点のスタントも見ることができます。


【鼎湖山風景区】


鼎湖山は肇慶市の北東 18 キロメートルにあります。 鼎湖山は嶺南四名山の第一番目であり、丹霞山、羅浮山、西橋山と合わせて広東四名山と呼ばれています。 北回帰線が通過する地球上のほとんどの場所は砂漠または草原であるため、鼎湖山は中国や外国の学者から「北回帰線のエメラルド」とも呼ばれています。


1956 年、鼎湖山は我が国初の自然保護区となりました。 1979年に、ここはユネスコの「人間と生物圏」プログラムに参加した私の国で最初の保護地域の1つとなり、「人間と生物圏」研究センターを設立し、国際的な学術交流と研究の拠点となりました。 鼎湖山の面積は1,133ヘクタール、最高峰の吉龍山の標高は1,000.3メートルで、麓から山頂まで渓谷熱帯雨林、常緑広葉樹林、亜熱帯季節風常緑広葉樹林などの森林形態が見られる。 。


保存状態の良い南亜熱帯林は、典型的な帯状常緑広葉樹林であり、400年以上の歴史を持つ原始林です。 鼎湖山はその特別な研究価値で国内外によく知られており、中国南部の生物種の「遺伝子保管庫」および「生きた自然博物館」とみなされている。 現在、定湖山には留学生ホテルが建設され、国内外からの学生を低価格で受け入れています。


鼎湖山の景観の主な特徴は森林と滝であり、文豪郭沫若はかつてこの風景を詩に「古木は青々と茂り、小川は長く、龍池には滝と太鼓と葦が舞い散る」と詠んでいます。 「これは鼎湖山の風景を忠実に描写したものです。 青雲古寺は嶺南の四大名廟の一つです。 保定園の「保定九龍」はかつて世界最大で、湖と山が互いに引き立て合っています。 バタフライ バレーには、滝や池、十字に交差する小川、緑豊かな古木、日陰の木々がたくさんあり、蝶が生息し繁殖するのに理想的な場所です。


鼎湖山は鬱蒼とした森林に覆われ、豊富な湧水が湧き、様々な泉や滝を生み出しています。 奥深い自然景観と東西の小川が、天渓風景区、雲渓風景区、そして新しく開発された天湖風景区の二大景勝地を形成しています。 鼎湖山は、レジャーと健康維持、普及科学の調査、宗教的巡礼を目的とした観光地です。


鼎湖山は、健康柔道、ピンインレジデンス、アイグリーンパビリオン、リトリートグラウンドを含む、定湖山で新たに開発された「ピン酸素バレー」観光プロジェクトを新たに開始した。 「健康柔道」では、人と地球のエネルギーとの触れ合いを通じて、足裏のツボを直接刺激・マッサージすることで、観光客の運動中の酸素の効率的な吸収や足湯のフィットネスをサポートします。 「ピン酸素レジデンス」曹寮では、お茶を飲み、滝を眺め、酸素を吸うことで、心臓を清め、肺に潤いを与えるという目的を達成できます。 「アイ・グリーン・パビリオン」では、自然に囲まれ、ピアノを聴き、歌を歌って、心安らぐことができます。 「静かな場所」では、専門家の指導を受けて、健康管理、健康、瞑想の効果を吸い込み、達成します。 専門家の研究によると、マイナスイオンは人体の7系統の30近くの病気に対して抑制、緩和、補助的な治療効果があり、人間の健康と健康に最も明白な影響を及ぼします。


文化的名所

肇慶八景


豊かな時代に志を育み、平和な景観を確立する。 明の宣徳六年(1431 年)から民国四年(1915 年)まで、五回にわたって八景が選定され、頻繁に変更された。 2003 年、慎重な議論、審査、評価を経て、肇慶市の新たな景勝地 8 か所が選定されました。


【星岩霧雨】星岩霧雨は肇慶市八古景勝地の一つで、春と夏の季節の変わり目の毎朝、小雨が降るたびに、七星奇岩の緑の山々が眺められ、霧と霧雨、まさに蓬莱ワンダーランドのようで素晴らしいです。


【鼎湖友生】鼎湖山は広東四名山の第一位に位置し、国家自然保護区でもある。 この景勝地には高い山、深い森林、美しい峰、そびえ立つ古木、緑の木陰、鳥のさえずりや香りの良い花、そして澄んだ水のせせらぎがあり、長い間都市に住んでいる現代人に本当に穏やかで快適な気分を与えます。


【甲冑夜韻】肇慶市七星岩アーチは 1958 年に建設されました。 1998 年の拡張後、敷地面積は 30,000 平方メートルに達し、肇慶市のランドマーク的な建物となりました。 夜になると色とりどりの花火が打ち上げられ、音楽噴水が雲に向かって吹き上がり、野外ステージで歌ったり踊ったりします。 なんという平和と繁栄の光景でしょう。


【宋城浪古】肇慶宋城壁は市の中心部に位置し、宋代の黄胡帝の時代に築かれました。 現在、城壁がそのままの状態で残っているのは全国的にも珍しく、肇慶の歴史文化都市のランドマーク的建造物であり、全国重点文化財保護単位に指定されている。 宋の城壁を登り、過去から学び、現在を理解することは、感情に満ちています。


【下岩清峰】カモシカ峡と兗州は水を隔てており、美しく雄大である。 アンテロープ渓谷はアンテロープランケの 2 つの山に囲まれており、西江は幅 1,000 メートル以上の川面から平均幅 304 メートル、長さ 7.5 キロメートルの急流まで細くなり、峰が重なり合う景観を形成しています。 、深い渓谷、緑豊かな木々、そして空飛ぶ渦潮、霞山滄江の雄大な景色。 峡谷を東へ出るとすぐに、西江の中心に「浮かぶ」硯のような形をした兗州島が見えてきます。 硯と保正は、硯を持って帰らないという伝説と共存しており、島の保公廟には常に善良な人々が敬意を表し、崇敬を集めてきました。 老坑硯はカモシカ峡の南東側の山奥にあり、国内外に有名な端硯の産地である。


【江堤塔影】江浜堤防(一期)は1993年に建設された治水・交通・観光を一体化した都市建設プロジェクトである。 堤防の両側には、北岸の崇禧塔と源奎塔が高く、もう一方は低くなり、南岸の宣峰塔と文明塔に面しています。 西江の両側には4つの塔が天にそびえ立ち、壮観な景色を見せています。


【江塔の雄大さ】岳江塔は数千年の歴史を持っており、前は西江に面し、後ろは星岩岩に寄りかかっており、高く高くあり、周囲の景色を一望することができる。 北伐の初期には葉庭独立連隊がこの建物に設立され、北伐の際に部隊を率いていました。 解放後、朱徳主席は自ら「葉亭独立連隊本部旧地」という碑文を建物の前に高く掲げた。 「風は岳江塔から遠く離れて流れ、心は延河烈図庭園を巡る」と言えます。


【美安祥雪】美安は西暦996年(北宋治道2年)に建てられ、古木に囲まれ静かな環境にあります。 この建築は宋代の木造軸組の形状を完全に残しており、フランス宋代建築の様式を体現しており、嶺南の特色が強く表れており、全国でも非常に珍しい。 梅庵の名前は、禅宗の六祖である恵能がこの地に梅の花を植えたことにちなんで名付けられました。 長い年月を経て修復されてきましたが、明安の昔ながらの魅力が今も残り、毎年冬には梅の花が咲き誇り、香りを漂わせます。


旅行フェスティバル


【仏陀沐浴祭】毎年

旧暦の 4 月 8 日、嶺南の 4 つの有名な寺院の 1 つである定湖山の青雲寺では仏沐浴祭が開催されます。


その日の早朝、仏教徒たちは各堂で焼香や色彩を呈した後、マハーヴィーラ堂に集まり、読経儀式(仏事とも呼ばれる)が行われた。 読経儀式の初めに仏教徒がお経を唱え、その後師が釈迦牟尼仏の化身である小さな玉仏を差し出し、住職が釈迦牟尼仏が生まれたときにそれぞれ温水と冷水を浴びせたという。 、それはドラゴンが水を吐き出して小さなエメラルドの仏陀を入浴させ、さまざまな有名な香りに浸した香水を使って小さなエメラルドの仏陀に油を注ぐようなものです。


儀式の後、仏教徒は残った香水を使ってさまざまな花に水を与えます。 仏沐浴祭の1~2日前から、世界中から信心深い男女が続々と訪れ、4月の吉日を待って仏沐浴祭を訪れ、仏陀の加護と良い結果を祈ります。


【徳清岳城龍母誕生日】徳清岳城龍母祖廟(旧名暁通廟)は龍母を記念して建てられ、毎年旧暦5月8日に龍母誕生日祝福式が行われる。ここ。


伝説によると、周と秦の時代、岳城江のほとりに聡明で高潔な少女が住んでいました。彼女は農耕、織物、漁業、牧畜が得意で、不幸や幸運を予言し、あらゆる病気を治すことができました。 彼女は5人のドラゴンの息子を育てました。 雲を動かして雨をまき、環境と人々を守ります。 地元の人々からは龍母と呼ばれ尊敬されている。


毎年旧暦 5 月 8 日が龍母の正式な誕生日で、誕生日期間は旧暦 5 月 1 日から 9 日までで、雰囲気は暖かいです。 祭りが始まるとすぐに、広東省、広西チワン族自治区、香港、マカオ、東南アジアから巡礼船が次々に到着し、競って停泊します。 龍母廟は数日間、煙と爆竹で満たされ、数十万人が線香を捧げて祈りを捧げた。


【淮集ツバメ祭り】毎年旧暦6月の橋頭鎮廟縁日は延岩訪問のお祭りの日でもあります。 その日は大混雑で交通量も多く、すべての村や町から男性、女性、子供たちが燕岩に集まりました。 民謡を聴く、ツバメの巣掘りを鑑賞する、そして桂爾の演劇を鑑賞するのが延岩寺縁日の 3 つの特徴です。


シンプルな民謡のデュエットが盛衰を繰り返しました。歌手のほとんどは唐の衣装を着た若い男女でした。男性は無地のスカーフをかぶり、女性は赤い花を身に着けていました。彼らは質問をしたり、グループで歌ったりして、真実の愛について歌いました。


鳥の巣を掘るために崖を登るスリル満点のアクティビティは、寺院の縁日で最もエキサイティングな部分です。 ツバメ猟師たちは数本の竹竿と麻ロープを使い、高さ60メートル以上の崖を登るのですが、その動作は機敏で正確です。 この独特の技術を達成できるのは、地元のヤン農家3人だけだと聞きました。


Guier Opera は橋頭鎮にある古代のオペラです。 洞窟の入り口の北塔には舞台があり、「ヤンヤン伝説」「豚売りアラン」「賭博を戒める良妻」などが上演され、観客は川を挟んで向かい合って、何層にも重なって、シーンは非常に活気に満ちています。 この場合、旧暦の 6 日の前後 3 日間、数千人の歌手と観客が岩に集まり、絶え間なく流れが続きます。


【徳清孔子祭】毎年9月28日、徳清孔子廟では中国人および世界中の孔子の子孫とともに孔子を偲ぶ式典が行われます。


徳清記念孔子節では、清朝の規定に従って厳粛かつ優雅な公開記念式典が執り行われ、孔子の子孫のために家族の犠牲が手配されました。 時代の特色を反映するため、孔子の追悼式では、孔子の物語についての講演、孔子の名言についての歌合戦、新三字経についての歌合戦などの活動も行われた。


孔子を礼拝する際、伝統的な法服を着た司式者や役人は、孔子を礼拝する音楽が流れる中、ゆっくりと廟の前まで歩き、廟の扉が開くのを待ちました。 廟内では太鼓が360回打ち鳴らされ、行列は一人ずつ大成殿に入り、孔子像に神聖な線香を捧げ、敬礼して追悼文を読み上げた。 式典終了後、「孔子記念歌」が歌われ、続いて孔子一家の犠牲祭典が行われ、社会団体と一般大衆が廟に入場して自由に参拝し、孔子と四人の側室に敬意を表することが許された。イベント全体の雰囲気は厳粛で温かいものでした。


孔子を崇拝する儀式の後、廟は荘園餅、志貢餅、孔子の胸章、孔子の教えの像などを現場の群衆に配布した。


【四会柑橘・翡翠祭り】四会市はオレンジの故郷として有名で、四会柑橘は皮が薄く、甘くて爽やかな味で、残留物がないことで国内外に有名です。 明の時代から、四会節では毎年宮廷への貢物として最高の柑橘類が選ばれていたため、「貢物みかん」と呼ばれていました。


現在、四会には 30 種類以上の柑橘類が栽培されており、まさに柑橘類の王国となっており、広海北線と四環公路の両側には大規模な柑橘類市場も形成されています。


また、四会はビルマ翡翠の加工・販売の世界最大の集散地であり、翡翠の加工・販売に携わる従業員は10万人近く、全国から技術者が集まっており、四会翡翠歩行街には400人以上の翡翠玉歩行者専用道路があり、ティン クウォン マーケットの面積は 30,000 平方メートルで、3,280 以上の露店が並び、毎日午前 3 時から午前 8 時半まで営業しており、全国から観光客や商人が訪れます。このシーンはとても壮観です。


四会市では毎年黄金の秋の季節に、柑橘類の翡翠祭りを開催し、柑橘類の翡翠を中・大規模な商談や文化芸術公演を開催し、柑橘類の試飲や商談を楽しむために世界中からのゲストを集めています。 . .


経済

概要

2013年の域内総生産(GDP)は1,660億700万元で、前年比11.5%増加した。 このうち、第一次産業の付加価値は5.6%増加し、0.8%ポイントの成長を牽引し、第二次産業の付加価値は15.7%増加し、7.5%ポイントの成長を牽引し、第三次産業の付加価値は8.5%増加し、 3.2 パーセント ポイントの成長を推進しました。 3業種の構成は15.8:47.7:36.5となっている。 第三次産業では、卸売・小売業が14.0%増、宿泊・飲食業が3.4%増、金融業が14.2%増、不動産業が10.1%増となった。 常住人口に基づいて計算すると、2013 年の一人当たり地域 GDP は 41,479 元で、10.5% 増加しました。


第一次産業

2013年の穀物の作付面積は20万1,979ヘクタールで、前年比0.6%減少した。 このうち、米作面積は16万6,549ヘクタール(0.6%減)、トウモロコシ面積は9,983ヘクタール(3.2%増)、ジャガイモ面積は2万913ヘクタール(2.4%減)、サトウキビ面積は540ヘクタール、 22.4%減少、石油作付面積は25,354ヘクタール、0.1%増加、野菜作付面積は76,240ヘクタール、4.8%増加。


第二次産業

2013年の指定規模以上の工業企業の付加価値は813億4,500万元で、前年比18.1%増加した。 このうち、軽工業と重工業の観点から見ると、軽工業は16.7%、重工業は18.9%の成長を示し、登録経済類型から見ると、民営企業が22.2%成長するなど、民間産業が最も伸び率が高い。年間を通じて、国有持ち株企業は11.3%成長し、外国投資家、香港、マカオ、台湾からの投資企業は20.4%成長し、企業規模では中堅企業が主な成長ドライバーであり、大企業は20.4%増加した。 17.8%増、中堅企業は24.7%増、中小企業は18.8%増となった。 非鉄金属製錬・圧延加工業は27.2%増、非金属鉱物製品工業は26.0%増、金属製品製造業は20.9%増と、主要3業種が急成長した。


第三次産業

2013年の固定資産投資は1007億7800万元で、初めて1000億元を超え、前年比20%増加した。 通年の消費財小売総額は493億1200万元で、前年比13.8%増加した。 通年の輸出入総額は70億1,700万ドルで前年比10.5%増、うち輸出額は48億2,500万ドルで27.6%増、輸入額は21億9,100万ドルで前年比10.5%増となった。 14.8%減少しました。


2013年の訪日外国人旅行者数は170万2100人で、前年比43.7%減少した。 このうち外国人は42.9%減の16万9千人、香港、マカオ、台湾からの同胞は43.8%減の153万3千人だった。 市が受け入れた観光客のうち宿泊観光客は1,387万8,200人で0.3%減少した。 宿泊旅行者のうち、国内旅行者は1,292万2,000人に達し、5.9%増加した。 同市の観光収入総額は205億8,700万元で、14.7%増加した。


社会

教育する

2012 年、市内には合計 361 の幼稚園、1,372 の小学校、149 の中学校があり、その内訳は省レベルの学校が 16 校、市レベルの学校が 83 校で、21 校増加し、県レベルの学校は 259 校でした。 市内には 8 つの特別支援学校と 32 の指導学級があり、そのうち 1 つは聾学校、7 つは知的障害のある児童のための学校です。 市内には高等学校が 32 校あり、一般学部が 1 校(肇慶学院)、一般大学が 3 校(肇慶科学技術職業技術学院、肇慶工商職業技術学院、肇慶医科大学)、成人がいる。高等教育学校 1 校、中等職業学校 32 校(一般工業中等学校、成人工業中等学校、高等専門学校、専門学校、私立中等職業教育機関を含む)、私立教育機関 288 校、および郷鎮成人文化専門学校 106 校。 「第10次5カ年計画」期間中、本市の高等学校総入学率は54.42%に達し、高等教育総入学率は16.39%に達した。


2013 年には、あらゆるレベルと種類の教育(非学術研修を除く)で 274,700 人の学生が在籍し、前年比 0.9% 増加し、895,700 人の学生が在籍し、2.3% 減少し、256,700 人の卒業生は前年より減少しました。 4.2%。 このうち、特殊教育の就学者数は 0,300 人、学校の生徒数は 1,800 人で、136,400 人の子どもたちが就学前教育を受けています。


2014 年、肇慶市工商職業技術学院は広東省工商職業技術学院に改名されました。 2014 年 5 月、教育部の同意と広東省人民政府の承認を得て、肇慶市科学技術専門学校は全日制の応用技術総合高等教育機関に格上げされ、広東省に改名されました。技術研究所。


科学技術

端州古城 - 肇慶の歴史と文化の証人 2013年末時点で、県レベル以上の国営研究開発機関、科学技術情報・文書機関が18か所あった。 大企業と中堅企業の技術開発機関は前年と同じ 58 機関である。 同市の科学研究および実験開発(R&D)職員数は9,300人年(フルタイム相当)で、前年比3.2%増加した。 同市の研究開発支出は約14億9,500万元で、19.1%増加した。


2013年には省・省レベル以上の科学技術成果が9件(登録実績ベース)あり、年間の特許出願件数は1,777件で、前年比14.6%増加した。発明特許は295件、8.7%減少。 付与された特許の数は1,288件で9.8%増加し、その内発明特許は116件で18.4%増加した。 特許協力条約(PCT)に基づく国際特許出願件数は14件で前年と同じだった。 年間を通して、各レベルの科学技術行政部門によって2件の技術契約が登録され、取引額は237.6万元となった。 市内にはハイテク企業が108社あり、ハイテク製品の生産額は約705億元で、前年比1.6%増加した。 5つの国家レベルのイノベーションプラットフォームを持っています。 26 の省工学研究センターが設立されました。 21 の省レベルの技術革新専門都市と 31 の市レベルの都市が認定されています。


コミュニケーション

2013年の郵便・通信事業総額は40億7,300万元で、前年比8.7%増加した。 このうち、郵便事業の総額は3億8,100万元で42.8%増加、通信事業の総額は36億9,300万元で6.1%増加した。


メディア

2013 年末時点で、市内には 9 か所の文化センター、県レベル以上の公共図書館 9 か所、博物館と記念館が 9 か所ありました。 市内にはラジオ局が7局あり、ラジオとテレビの総合人口カバー率は100%です。 ケーブルラジオとテレビの利用者は55万400人、ケーブルデジタルテレビの利用者は19万2100人で、前年末比それぞれ2.6%、2.1%増加した。 年間を通じて 1,694 万部の新聞が発行されました。 市内には12の文書館があり、82万1,100冊の文書が所蔵されており、そのうち9つの総合文書館は38万1,600冊の文書を所蔵しています。


健康

2013年末現在、市内には3,248の各種医療・保健機関があり、そのうち146の病院と保健センター、7の母子保健機関、8の専門疾病予防・治療機関、7の疾病予防・管理機関、 7つの健康監督機関。 病院と保健センターのベッド数は 12,688 床で、6.9% 増加しました。 さまざまな種類の保健技術者は11.5%増の1万8,792人で、内訳は勤務医と勤務助手が6,122人、正看護師が7,156人、疾病予防管理機関の保健技術者が329人、保健監督機関の保健技術者が100人であった。 市内には合計 30 の地域保健サービス機関、96 の郷保健センター、2,411 の郷保健センターの病床、3,896 人の郷保健センターの保健技術者がいます。


体育

2013 年末の時点で、市のスポーツ システムには 1,627 人の選手と 79 人のフルタイム コーチがいます。 アスリートは国内外の主要な大会で 25 回の国内選手権で優勝しています。


有名人

肇慶市は、漢代の有名な古典学者である陳琴と陳源、唐代の広東省と広西チワン族の最初の学者である莫玄卿、そして禅など、時代を経て数多くの優れた人物を輩出してきました。禅宗の第一人者、師頭西謙師。 唐代の作家兼書家の李勇、日本の僧侶栄瑞、禅宗の恵能、北宋の有名な大臣鮑正(肇慶の知事を3年間務めた)、イタリアの宣教師羅明健、革命の先駆者孫文、肇慶市には北伐のスター、イェ・ティンやその他多くの歴史的人物の遺物が残されています。

No comments:

Post a Comment

精选的博文

新闻这么一报道。人格尽失。画已经不值钱了。他的行为令到他的画,一分钱都不值了。(86岁书画大师官宣与36岁模特再婚)

This is what the news reported. Personality is lost. The painting is no longer valuable. His behavior made his paintings worthless. (The 86-...

热门的博文