Sunday, May 7, 2023

万ムー千億」新エネルギースマート自動車産業クラスターがここで出航!

 万ムー千億」新エネルギースマート自動車産業クラスターがここで出航!


時間:2022-06-01出所:中央広網




2022年5月30日、肇慶市は広東瑞慶時代新エネルギー科学技術有限公司の生産開始式と小鵬スマート自動車関連部品産業園の定礎式を行い、肇慶が世界レベルの新エネルギースマート自動車産業クラスターを構築するために堅固な一歩を踏み出し、「万ムー千億」の新たな征途をスタートさせたことを示した。




ここ数年来、肇慶市の新エネルギー自動車及び自動車部品産業の発展の勢いは強く、2020年には生産額296億8000万元、前年同期比18.8%増、2021年には生産額443.1億元、48.1%増を実現し、2022年には生産額が900億元を超え、千億級新エネルギー自動車産業クラスターが徐々に形成される見込みである。




小鵬自動車と瑞慶時代はその筆頭企業だった。小鵬知能網連科学技術産業園は2017年に肇慶に定住してから現在まで、年間生産能力は10万台から20万台に急速に拡大し、肇慶市で最大規模の工業企業に成長している。




2021年2月、寧徳時代の第1期投資額120億元の寧徳時代動力及びエネルギー貯蔵電池プロジェクトが契約して肇慶に定住し、瑞慶時代会社として登録され、肇慶市建設以来の単体投資最大の産業プロジェクトであり、広東省の重点プロジェクトでもある。






寧徳時代肇慶プロジェクト(中央広網発王振宇撮影)




小鵬自動車、瑞慶時代の2つの重量級プロジェクトの共同発展の実際に基づいて、肇慶市委員会、市政府は敷地面積45平方キロメートルの肇慶大旺新エネルギースマート自動車産業城の建設を計画し、国家級新エネルギースマート自動車産業城、国家級智エネルギーネットワーク連合先導区、国家「炭素達峰、炭素中和」戦略先行モデル区を構築することと位置づけた。




当日、肇慶高新区管理委員会は小鵬自動車とスマート自動車関連部品産業園の共同建設に関する協力枠組み協定を締結し、双方は共同招商活動メカニズムと政府・企業間の相互交流メカニズムを構築し、小鵬自動車産業チェーンの上下流プロジェクトの定住を共同で推進した。




第1期敷地面積1048ムーの小鵬スマート自動車関連部品産業園は肇慶大旺新エネルギースマート自動車産業城内に位置し、新エネルギー自動車産業プロジェクトの着地に良好なキャリアを提供し、完成車から電池、電機、電気制御、自動車軽量化、自動車後市場などの全産業チェーンの発展構造の形成を推進する。




また、東莞虹日、太倉意誠、広州艾諾利、騰龍汽配など6つの小鵬自動車関連プロジェクトも高新区に契約し、投資総額13.2億元を計画している

No comments:

Post a Comment

精选的博文

Hot Spots | "Fusion" in the Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Area

Hot Spots | "Fusion" in the Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Area Invest in Guangdong 2024-02-22 16:06 Guangdong This Spring ...

热门的博文